一人暮らし手取り14万円でも貯金できる方法!

節約術
Businesswoman in the morning at home, preparing for going to work

現在1人暮らしをしている方で月額の手取りが14万円以下の為、中々貯金できず将来に不安を感じている方もいるのではないでしょうか?

そんな中でも毎日自炊をして食費を削ったり、好きな物を我慢して日々節約して貯金している方もいると思いますが努力型の節約は辛くないですか?

食事を作るのが好きな方は楽しく節約できている方もいるかと思いますが、毎日面倒で続かない方もいるかと思います。

今回私が紹介する節約は月額の手取りが15万円以下の方に向けて毎日努力しなくても一度システム化してしまえば毎月数万円程度節約できるので是非参考にしてみてください。

一人暮らし手取り14万円でも貯金できる方法!

結論から言いますと一人暮らし手取り14万円でも貯金できる方法は下記に方法になります。

・キャッシュレス決済を活用する!

・家賃交渉して家賃を下げる!

・キャリアを楽天モバイルに変える

・電気を楽天電気に変える

・医療保険を解約する

・貯蓄型の保険を解約する

・車両保険の内容を見直す

もう既に実行されている方もいるかもしれませんが、多くの方がやろうとは思ってはいるけど、実行されていない方がいるのではないのでしょうか?

では実際に私が実行した結果の詳細を重要な順に紹介したいと思います。

キャッシュレス決済を活用する!

一人暮らし手取り14万円でも貯金するオススメの方法はキャッシュレス決済を活用する方法になります。

なぜキャッシュレス決済を活用する方法を一番は初めに紹介したのかいうと、この方法が節約する土台となりこれ以外に紹介する節約法を最大限に発揮することが可能になるからです。

詳しく説明すると、もし年間100万円の買い物を現金で使うとお店の割引などでしか還元されませんが、キャッシュレス決済を活用するとカードの種類によりますがプラスで1%以上の還元受けることができます。

つまりお店の割引などとは別に年間で1万円分のポイントが手に入ります。

買い物だけでなく、スマホ代、光熱費、保険関係などキャッシュレスで決済するとかなり大きい金額になると思うのでスマホを持っている方は今すぐキャッシュレス決済を取り入れてください。

オススメのクレジットカードは!

キャッシュレス決済がお得なのは分かったけど、どのクレジットカードを選べば良いのか分からない方もいるかと思います。

そんな方のために私が使っているクレジットカードを2つ紹介します。

1つ目はヤフーカードで利用金額の最低1%還元され、PayPay利用時でプラス0.5%還元、ヤフーショッピングだと6%〜20%前後の還元を受けることができます。

2つ目は楽天カードでこれも利用金額の1%が還元され、楽天市場アプリでの買い物だと楽天の会員、楽天カード支払いで最低3.5%は還元されます。

オススメの活用法!

オススメのクレジットカードを2枚紹介しましたが、下記で紹介する楽天モバイルの決済は楽天カードの方がポイント還元率が高いので紹介させていただきました。

もし下記で紹介する楽天モバイルを使わない方はYahooカードのみで全ての決済を行えばかなりのポイントが貯まると思います。

賃貸物件の家賃交渉をする!

一人暮らし手取り14万円でも貯金する方法は賃貸物件の家賃交渉を方法になります。

え!賃貸契約した後でもできるのと思われた方もいるかと思いますが、家賃交渉は可能です。

家賃交渉をした方が良い理由

例えば5年前に契約した人が8万円だとして今現在契約した人は確実に8万円以下で確実に五年前より安く契約していると思います。

安くなる理由は建物も劣化しますし、周りにアパートができれば当然競争が起こり家賃が下がるので家賃交渉のチャンスになります。

次は家主の立場として考えてみると空室が一番困るのです。

もし契約が退去すれば家賃収入がなくなるだけでなく、次の入居者のためにリフォーム代、新規入居者のために広告料で約数十万程費用がかかってしまいます。

それなら家賃を1万円下げてでも長く住んでもらった方が家主としても得になります。

家賃相場の調べ方

先ずはGoogleなどで自分の住んでいる部屋の家賃を調べます。

もし住んでいる家賃の相場を調べることができない場合は近隣の家賃相場を調べれば問題ありません。

どこにどうやって交渉するのか?

家賃相場が分かり契約当時より安くなっていた場合、どこに交渉するのかいうと先ずは管理会社に「ここ周辺の家賃相場はこれくらいですので、これくらい安くしてもらえませんか?」と交渉してみてください。

あと必ず「何日までに連絡ください、連絡がない場合は他の物件を検討します」と一言付け加えてください。

期限を切ることで、ほとんど方が良い連絡をくれるはずです。

それでも連絡がない場合は最終手段の契約書に書いてある家主に直接交渉してください。

初めの方に書いた通り家主は多くの費用がかかる空室を何としても避けたいので必ず値下げ交渉に応じるはずです。

交渉時期に気をつける!

ただしどれだけこちらが有利だとしても交渉の時期には気をつけてください!

3月と9月が進学時などで部屋が埋まりやすい時期でもあるので避けた方が良いと思います。

交渉のコツを紹介!

家賃交渉は「駄目ですかね〜」とか弱気では「駄目です」と言われてしまう可能性が注意してください。

「この辺りの家賃相場はこれくらいなので、家賃を下げてくれれば長く住みますとか、これくらいの家賃でないと引っ越しを検討します」と丁寧に強気でいけば大丈夫です。

もし「この部屋は間取り関係で安いとか」逃げられても「じゃあ、そこに引っ越します」と交渉したり

「これから契約する人専用の価格だから」とか言われても「じゃあ契約しなおします」と伝えれば大丈夫です。

周りの家賃相場が安いのに、それでも家賃交渉に応じない場合は「退去します」と伝えれば余程のことが限り交渉は成功するはずです。

ただし、相手も人間ですのでオラオラ系のでかい態度ではなく、紳士的に冷静に交渉してください。

家賃交渉まとめ

賃貸契約を既に住んでいても周り家賃相場と比べて高いなら駄目もとで交渉してみましょう!

わずか千円でも年間にしてみたら1万2千円という大きな金額になります。

このご時世月の給料を千円上げるのも大変なので自分自身が少しでも豊かになるために家賃交渉は必ず行いましょう!

キャリアを楽天モバイル変える

次に紹介する一人暮らし手取り14万円でも貯金する方法はキャリアを楽天モバイルに変える方法になります。

私は以前はドコモを使っていましたが、YouTubeで楽天モバイルに変えることで料金が安くなり、データ容量が超えて低速モードになっても普通にネットが使えると紹介してあり、できる限り調べた上でメリットしかないと思いドコモから楽天モバイルに変えてみました。

手続きは簡単?

ネットからの手続きもできましたが、色々と疑問があったので色々質問ができると思い事務手数料はかかるが店頭予約をして店頭で全て手続きをお願いしました。

事前にSIMロック解除をしないと手続きできないので電話で詳細を確認してから来店しないとスムーズに変えることができないので注意してください。

楽天モバイルに変えて良かった点

先ず楽天モバイルに変えてから毎月1万円前後かかっていた料金がから約1,600円くらいまで安くなりました。SIMカードを変えただけなのでこれまでと同じように使うことができました。

現在はRakuten UN-LIMITと言うプランに名称が変更されていて300万人の契約者が1年間無料(通話料は別)でスマホを使うことができます。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルに変えて毎月の料金が8,000円以上安くなり、今までと同じように使えていますが、12時〜13時の間はネットに繋がりにくいというデメリットがあります。

楽天モバイルはドコモとauの回線を借りているのでサービスを提供しているので集中してみんながスマホを使うお昼は繋がらないのだと思います。

総合評価

手続きは多少面倒な部分があったり、ネットが繋がりにくい時間帯はあるというデメリットはあるが大手キャリアを使っている方はそれ以上に大きく毎月の負担んを減らすことができるので、少しでも節約をしたいと思っている方は絶対にやったほうが良い節約だと思う。

楽天モバイル契約時の注意点!

楽天モバイルの申し込みの仕方を紹介!

電気会社を楽天電気に変える!

次に紹介する一人暮らし手取り14万円でも貯金する方法は今契約している電気会社を楽天電気に変える方法になります。

残念ながら全て方の電気料金が安くなるわけではありませんがシミュレーションすれば分かりますので必ず安くなるのか確認して契約してください。

楽天電気のメリット

楽天電気のメリットは安いだけではありません。

楽天電気を契約すると楽天ポイントの還元率が0.5%上がるので、楽天市場での買い物、楽天モバイルのポイント還元がわずかですが上がります。

電気代が安くなる上、他の楽天サービスのポイント還元が高くなるのはありがたいことですよね。

仮に電気料金は変わらない場合でもポイント還元を含めた上で契約するのか検討した方が良いです。

楽天電気のデメリット

楽天電気のデメリットは20A以下のプランがないので単身者で電気をあまり使わない人は逆に高くなる可能性があるので、必ずシミュレーションしてから契約してください。

楽天電気まとめ!

楽天カードを持っていて(今後楽天カードを作る予定の方)楽天のサービスを普段から使っている方で電気料金が少しでも安くなるなら、ポイントで支払いさらに安くなります。

月数千円、数百円でも手続きすれば年間数千円〜数万円を自動的に節約できるので一度じっくりと検討してみてください!

医療保険を解約する!

次に紹介する一人暮らし手取り14万円でも貯金する方法は無駄に支払っている医療保険を解約する方法になります。

医療保険を解約するって病気や怪我した時どうするの?と言う声が聞こえてきそうですが、結論は医療保険は不要です。

なぜなら全ての日本人は国民健康保険か健康保険に入っているのでわざわざ高い民間の医療保険に入らなくても問題ないのです。

もしも癌になったらとか、いざと言う時に医療費が必要と思い民間の医療保険に入っている方がいるかと思いますが、全ての日本人が入っている国民健康保険、健康保険には高額療養費制度というのがあるのはご存知ですか?

高額療養費制度とは!

例えば月収28万円〜50万円の人が病気や怪我で20日入院し、60万円かかったすると普通3割負担で18万円かかるところ、高額医療費制度を使えば83,430円が上限負担となります。仮に半年入院しても約50万円の負担となります。

高額療養費制度があるので、わざわざ高い民間の医療保険入らないで、医療保険代をもしもの時の為に貯金したほうが無駄な保険料を毎月払わないで貯金することができます。

「じゃあ、働けない間の収入はどうするんだ!」と思われた方もいるかと思います。そんな時は国民健康保険、健康保険には傷病手当金と制度があり1年分の月額給料の平均を30で割り、1日分報酬額を換算し、その約3分の2が給付されます。(不安な方は国のホームページでしっかりと確認してみてくださいね)

まとめ

既に上記で説明した公的保証があるのに使うか分からない民間の保険に契約するのはお金をドブに捨てているのと変わらないと思います。と言うことで民間保険は解約してその分のお金は貯金に回すのが賢いと言うのが結論です。

貯蓄型の生命保険を解約する

次に紹介する一人暮らし手取り14万円でも貯金する方法は貯蓄型の生命保険を解約するという方法になります。

結論から言うと貯蓄型の保険は解約したほうが良いです。その理由は貯蓄型と言いつつ好きな時に下ろすことができず、長期契約しないと元が取れないので貯蓄型の保険は契約するべきではないです。医療保険も公的保証でカバーできるので必要ありません。

私の経験から貯蓄型の死亡保険を月1万円で契約し、3年経過し解約した時には36万支払い、解約時は10数万程しか返ってきませんでした。

仮に満期まで契約した場合は得をすることがありますが、短期契約の場合は絶対に貯蓄型の保険はお勧めできません。お金が突然必要になる時が誰しもあるかと思いますが解約の手間があり、契約期間が短ければ預けた金額の半分以下しか戻ってきません。

もし貯蓄型の保険に入るなら満期を覚悟して入るのと最低でも生命保険と分けて入らないとかなり高額になると思います。貯蓄型の保険を解約し貯蓄に回すほうが良いと言うのが個人的な結論です。

死亡保険を見直す!

結論から申し上げると生命保険は立場によって必要な方と不必要な方が分かれると思います。

生命保険が必要な方は小さい子供がいる家庭だけで独身の方は絶対に必要ありません。全く貯金が0の方は別としてこれまで紹介した節約法を実践すれば毎月いくらか貯金できるはずです。

保険の節約は下記の動画を参考に自分なりにしっかり調べて検討した上で実行しました。

自動車保険を見直す!

次に紹介する一人暮らし手取り14万円でも貯金できるオススメの方法は自動車保険を見直す方法になります。

結論から言うと車の任意保険は対人対物無制限、弁護士特約、の最低2つの契約で問題ありません!今この記事を読んでいるあなたは車両保険も必要じゃないのと思われている方もいるかもしれませんが車両保険は必要ありません。

車両保険は必要ない!

なぜ車両保険がいらないのかと説明すると先ず毎月の料金が高くなってしまうことと、もし車両保険を使ってしまうと等級が下がり毎月の料金がさらに上がってしまい、元の等級に戻るまで3年もかかってしまいます。等級が戻る間に車両保険を使えばまた車両保険代が上がり毎月の出費がどんどん増えてしまいます。

車を修理する程の事故を起こす確率は人それぞれですが、そんなに毎月、毎年事故って起こしますかね?そこで車両保険にかかる金額分を貯金しておいて、もしも修理が必要な時のために必要な費用を貯めておいた方が効果的です。

弁護士特約は必ずつけておく!

弁護士特約が必要な理由はもしも自分の過失が0の事故(追突されたなど)保険会社は相手と示談交渉できない為、自分で相手と交渉しなければなりません。自分が弁護士なら問題ありませんが、泣き寝入りしない為に必ず弁護士特約はつけてください。

まとめ

車両保険は対人対物無制限を基本として弁護士特約はもしもの時に必要な内容なことと毎月の料金も数百円程度しか上がらないので必ず契約内容に入れることと車両保険は外してその分を修理代として貯金しておく。

一人暮らし手取り14万円でも貯金する方法!

色々と一人暮らし手取り14万円でも貯金する方法を紹介してきましたが、一度行動して手続きをしてしまえば自動的に確実に毎月数万円は節約でき貯金することができます。

人によっては車を持っていない方もいるかと思いますが、スマホを持っている方や生命保険に加入している方は多いはずです。

今回紹介した内容は絶対に学校では学ぶことができず、知らない間に多くのお金を失っていたことに最近気づいた私はショックと同時に今気づけてまだ運が良い方だと思いました。

自分の身を守れるのは自分自身のみです。

学歴が高くない私でもできた内容ですので、自分の身を守れるために是非行動してみてください。

タイトルとURLをコピーしました